新着情報一覧

〈〈 一覧に戻る

2017.02.09
日本財団パラリンピックサポートセンター『あすチャレ!スクール』に弊社社員が協力します。

あすチャレ!スクールとは

新たな一歩を踏み出すきっかけが生まれることでしょう。
人間の多様性を認め合い、人間の強さやすごさを身をもって体験することで、
子どもたちの心が動き、新たな学びにつながります。
誰もが夢と希望を持って、いきいきと過ごせる社会を創る。
これが私たちの掲げる“明日へのチャレンジ”、「あすチャレ!」です。「想い」を必ず「行動」に。

Challenge For Tomorrow

「あすチャレ! スクール」で楽しみながら伝えたい、気づきと学び

障がい者が抱える一番の障がい。それは、身体上の「障がい」ではなく、社会に存在する「障がい」だと考えます。
その「障がい」は、社会で生きる一人一人が視点を変え、気づいたことを行動に移す勇気があれば、取り除くことができます。
「あすチャレ!スクール」はパラスポーツによるプログラムを通じて、「i enjoy !」の精神を胸に、参加者に気づきを与え、
意識を変え、行動(明日へのチャレンジ)につなげます。

日本財団パラリンピックサポートセンター『あすチャレ!スクール』 https://www.parasapo.tokyo/asuchalle/school/

 

神保 康広
パラリンピック男子車椅子バスケットボール元日本代表(4大会出場)

東京生まれ。16歳の時にバイクの自損事故で下半身麻痺に。1992年バルセロナから2004年アテネまで、4期連続パラリンピック出場。2000年、レイクショア財団研修生として渡米、障がい者スポーツ指導法を学ぶ。NWBA(全米車椅子バスケットボール協会) デンバーナゲッツ在籍、全米選手権ベスト4。2006年マレーシアに渡り、車椅子バスケットボールの普及活動及びナショナルチームコーチ就任。現在、 (株)松永製作所でスポーツ車椅子「MP」のブランドマネージャーとして製品企画・開発及びCSR活動に従事。2015年よりジンバブエ国にて車椅子バスケットの普及活動及び選手指導を継続中。

 

ページトップに戻る

MA
facebook youtube
© Matsunaga. All rights reserved